Entries

ビートコミュニケーション、新しい働き方改革を推進する ハイブリッド型ホラクラシーのビジネスソーシャル「B-Holacracy」を提供開始

ビジネスソーシャルのパイオニア、株式会社Beat Communicationは、多様化する社会の中、企業のあり方を先見し、ホラクラシーの浸透を目的としたハイブリッド型ホラクラシーのビジネスソーシャル「B-Holacracy」を6月20日よりリリースします。

そもそもアメリカのベンチャー企業では、数年前からホラクラシーという組織のあり方が注目されています。
ホラクラシーとはTernary Software社の創設者であるブライアン・ロバートソン氏が提唱した組織運営コンセプトで、今までのマネージメントスタイルがヒエラルキーであったのに対してホラクラシーは対等、かつオープンに個々が自分自身をマネジメントしていくという仕組みです。

ホラクラシーを導入のメリットは、現代のような複雑な環境変化に臨機応変に対応できるということです。
飛行機で例えれば、エンジンが炎上し墜落しそうになっている時、ヒエラルキー組織の場合パイロット一人が対応するのに対し、ホラクラシー組織では乗組員複数が危険を察知し対処するため、短時間で問題解決が可能になります。
ヒエラルキーな社会ではトップにすべての意思決定が集中しすぎるため、管理職がパンクし、その間、色々な重要な判断が遅れて先送りされてしまうということがあります。アメリカではエバーノートやパタゴニア等、様々な企業がホラクラシーを導入しています。経営者は意思決定を毎日継続しないといけないことが多いですが、ホラクラシー型にすることでリスクを分散し、意思決定を速めることが可能です。

最初はホラクラシー?何の事?って感じだったのですが、アメリカでは既に注目されているんですね。
確かに経営者が全ての事に関して一人で決定していくのって余裕が無さすぎると感じていました。
何か起こった時に臨機応変に対応出来る企業こそ、今後生き抜いていけそうな強さがあると思います。
昔ながらのやり方も大事ですが、時代に合わせて変化していく事も大事です。

興味持たれた方は、ぜひ働き方改革をチェックしてみて下さい!

ビートコミュニケーション、新しい働き方改革を推進する ハイブリッド型ホラクラシーのビジネスソーシャル「B-Holacracy」を提供開始

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://9806.blog111.fc2.com/tb.php/5481-9c0db408
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

フリーエリア

サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン

フリーエリア1

フリーエリア

フリーエリア

アフィリエイト

フルーツメール
SEO対策 ブログ広告ならブログ広告.com インターネット広告ブログ広告

プロフィール

ゆうちっちぃ

Author:ゆうちっちぃ
FC2ブログへようこそ!

チャンス

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア