fc2ブログ

Entries

【ジュピター出版新刊】松田耕次・著『ポジティブクリエイトリーダー 松田耕次のいたずら日記』を発刊。Amazon売れ筋ランキング(POD部門)にて1位獲得!

〈こころとからだの健康〉をテーマに書籍出版を手がけるジュピター出版株式会社は、松田耕次・著『ポジティブクリエイトリーダー 松田耕次のいたずら日記』を2021年6月30日にAmazonプリント・オン・デマンド方式で発刊しました。
発刊日にはAmazon売れ筋ランキング(POD部門)にて1位を獲得しました。

【書籍概要】
書籍名:ポジティブクリエイトリーダー 松田耕次のいたずら日記
著者:松田耕次
分野:経営経済・営業・組織開発
判型:B6版並製(ペーパーバック)112ページ
本体価格:1100円(消費税別)
発売日:2020年11月19日
ISBN: 978-4-86183-094-5
Amazon販売ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/486183094X/

【今作の紹介】
著者・松田耕次が学んだ「ポジティブ心理学」では、「成果が出ると社員が幸福になる」のではなく、「社員が幸福になれば成果につながる」と説いています。厳しい営業の世界で、成果を求められるストレスを解消するには? どうすれば社員を幸福にすることが出来るか?--管理職となった著者が、その答えの一つとして発想し実践したのは「いたずら」「悪ふざけ」だったのです。
今作は、外資系製薬会社のMR(メディカル・プレゼンタティブ)として顧客=医師への情報提供・営業を長年勤めてきた著者が、「いたずら」「悪ふざけ」によって部下たちとのコミュニケーションを円滑に図り、成果につなげてきた実例を、その対象者である当時の部下たちの声と共に紹介しています。
曲解・誤解されれば、上司による部下へのハラスメントとも捉えられかねない、珠玉の「いたずら」の数々。しかし著者の真意は語らずとも部下たちにちゃんと伝わっていたのです。「いたずら」が「笑顔」を呼び、そして「成果」を生む現場がそこにはありました。源流は、「家族主義の愛情」です。
著者はこう述べて、今作を結んでいます。
「『営業の現場』では、『商売』は『笑売』也です」と。

職場はどんな雰囲気だったんでしょうね?
想像するに・・・部下の方達は「やめて下さいよ~」と言いつつ、嫌なストレスを感じずに仕事が出来たのではないでしょうか。
上司が常にピリピリしている職場は雰囲気が悪く、「失敗してはいけない」「早く結果を出さなければいけない」と社員は焦りを感じるものです。
そしてその焦りがミスを誘発し、さらに上司の機嫌を損ねるといった悪循環を繰り返すんですよね・・・。
部下への接し方に悩む上司の方にはぜひ読んでもらいたい!!
興味持たれた方は、ポジティブクリエイトリーダー 松田耕次のいたずら日記をチェックしてみて下さいね!

【ジュピター出版新刊】松田耕次・著『ポジティブクリエイトリーダー 松田耕次のいたずら日記』を発刊。Amazon売れ筋ランキング(POD部門)にて1位獲得!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://9806.blog111.fc2.com/tb.php/6285-0094ff83
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

フリーエリア

サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン

フリーエリア1

フリーエリア

フリーエリア

アフィリエイト

フルーツメール
SEO対策 ブログ広告ならブログ広告.com インターネット広告ブログ広告

プロフィール

ゆうちっちぃ

Author:ゆうちっちぃ
FC2ブログへようこそ!

チャンス

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア